医療保険と自己負担

病院などにかかった場合には、公的な医療保険制度で高額療養費制度というのもあるのですが、医療費がその限度額を超えてしまった場合には、超えた分というのは払い戻しが可能です。自己負担額は、個人によって違っていて、それは年齢やその人の収入によっても違ってきます。だいたい平均して1ヵ月に八〇〇〇〇円ほどと考えられているので、1ヵ月に五〇〇〇〇〇円入院費が必要だった場合には、42万円は申請すると戻ってくるという計算になります。8万円だけの自己負担で入院できるのです。しかし公的医療保険の制度が利用できるのは入院中のすべての項目ではありません。

入院中に食べる食事代は一食当たり260円ですが、3食となると780円必要です。また大部屋の場合にはベッド代は必要ありませんが個室などになるとベッド代が必要なので差額ベッド代、高度先進医療を受けた場合には公的保険の対象外になっているので自己負担が増えますし、病院までの交通費なども自己負担しなければいけません。そういった自己負担額を補うためにはいるのが医療保険です。このように1ヶ月間入院して8万円で支払いが済んだとしても別にかかってくるお金も色々とあるので、自己負担額を検討すると入院日額は10000円ほどないと仕事の給与の面などの関係もみて厳しいと思います。サラリーマンにおいては10000円必要かもしれませんが、学生や主婦の場合にはもう少し低くてもいいでしょう。審査が甘い消費者金融