マンションのフローリングリフォームで注意すること

中古マンションを購入した場合、床をフローリングにリフォームしたいと考える人は多いです。
ただし、マンションの場合、床をフローリングにするには注意点がいくつかあるので、事前に確認する必要があります。

マンションの床は、戸建てとは違って、直接周辺の部屋への防音に関わるので、自由に変えることはできません。
そのため、マンションの床をリフォームする際は、マンションの管理規約などを十分に確認して、どんなリフォーム工事ができるか調べておく必要があります。
中には、フローリングに変更することができないマンションもあり、その場合は、フローリングリフォームはあきらめるしかありません。
リフォームを前提に中古マンション探している場合は、管理規約などで希望としているリフォームが可能かを必ず確認しましょう。
そして、不動産屋に検討しているリフォームの内容や予定を細かく説明し、それに問題がないかをマンションの管理会社にも聞いてもらいましょう。

マンションの管理規約には、さまざまな規定が記載されています。
一般的には、リフォームで使用するフローリング材は遮音等級で規定されています。
騒音対策がされていない純粋なフローリング材は、木を複数組み合わせたものなので、子どもが走り回ったり、ものを落としたり、家具を引きずったりすると、かなり響いて下の階に住んでいる人はうるさくて耐えられません。
そのため、マンションでは、騒音対策されていないフローリング材は使用することができません。
このことから、マンションでは、遮音等級が規定されているのです。

多くのマンションでは、遮音等級が「LL-45」か「LL-40」以上と規定されていることが多く、数字が小さいほど遮音性に優れていることを表します。
なお、その目安としては、人が飛んだり跳ねたり、走ったりした時の音が、「LL-45」だと少し聞こえるけどそんなに気にならないくらいで、「LL-40」だと遠くの方からかすかに聞こえるくらいのレベルです。
マンションの管理規約には、遮音等級について詳しく記載されていると思うので、事前にしっかりと読んでおきましょう。

フローリングの張替えリフォームにかかる費用は、フローリング材の種類と張り替える場所によって違ってきます。
ほとんどの場合、100万円未満で済むことが多いようで、フローリングを一部張替えた場合では50万円未満で済むようです。
また、張替えに使用するフローリング材が複合材か無垢材かで費用に差があり、無垢材の場合は天然の素材なので費用が高くなります。
どちらもメリットとデメリットがあるので、ご家族で話し合って、どんな用途で使う部屋なのかも検討して選んでください。
屋根塗装なら大阪市平野区のぞみリフォーム