キメの荒い肌に悩んで実践したスキンケア方法

私が悩んでいたのは、キメの荒い肌でした。その悩みは10代の頃からはじましました。特にメイクもすることがなかっ他にもかかわらず、どうして肌がこんなにも違うかと友人の肌と比べて悩み続けた長年の肌の悩みでした。 私が実践したスキンケア方法は、泡洗顔です。
使用したのは、洗顔フォームと洗顔用ネットの2つです。
特に洗顔フォームを変えたわけではなく、ただただ柔らかく弾力のある泡を立て、優しく洗顔することを心がけました。 私が泡洗顔を実践してどうだったかというと、即効性こそありませんが、1週間2週間と回数を重ねるごとに肌のトーンがまず、明るくなってきたなというのが、始めに感じた変化でした。
1ヶ月ほどした頃、くせになっていた肌荒れも起きづらくなり、キメが整うという意味がわかったような気がする変化を感じたのを覚えています。 泡洗顔をおすすめしたい人は、全ての肌トラブル、悩みを抱えた方におすすめしたい方法です。
スキンケアというと何か特別なものをつけるということを第一に実行する方も少なくないかと思いますが、まずは土台を見直し、整えてからでないといいものも効果を発揮してくれないのではないかと感じます。 スキンケアの基礎は、まず洗顔ではないかと感じています。
毎日、長時間メイクや外気で負担を掛けている肌にはさまざまな雑菌があります。
もちろん洗顔を欠かさない方は多いと思いますが、そこに負担を掛けない!コレも大事なスキンケアです。
おすすめ